ブログ

学生におすすめ!コスパ最強のWordPress運営方法【お名前.com & ロリポップ!】

WordPressを利用するにはドメイン取得やレンタルサーバー代など多少なりともお金がかかります。
とは言っても学生さんは社会人と比べて資金力もあまりないはずです。

そこで今回は学生である私自身が利用するコスパ最強のドメイン&レンタルサーバーを紹介していきます。

これからWordPressの運営を考えている方は是非参考にしてみてください。

そもそもドメインとサーバーって何?

「WordPressを運用する上で必要なドメインって何?レンタルサーバーって何?」まずここが分からなければ話が進みませんよね。

そのためまずはドメインとサーバーについての簡単な説明をしていこうと思います。

※知識のある方は飛ばして読んでください。

ドメインとは

ドメインはインターネット上の住所です。
現実世界と同様、ネットにもそうゆう概念があると考えていただければ分かりやすいと思います。

住所は土地によって名前がつけられていますよね。それはウェブサイトの場合も同じです。
みなさんのスマホ・パソコン・タブレットの画面上にこのような文字列が表示されていると思います↓

「https://」の後に続いていく文字列がドメインと言われるものです。
当サイトでは「affi-student.info」というドメインが使用されていますが、これは自分自身が決めた文字列(ドメイン)を取得することができます。

ここが現実世界の住所と大きく違うところで、ドメインは最初からあるものではなく、自分で気に入った文字列を組み合わせることができます
ドメイン取得の際はこれと言った決まりはなく、サイトの内容に合った文字列を組む人が多いです。

サーバーとは

サーバーはインターネット上の土地です。現実世界において土地がなければ家が建てられませんよね。
ネットの世界も同じで「サイト=家」とした場合、サーバー(=土地)がなければサイト(=家)が立ち上げられません

このようにサーバーはWordPressを運用する上で欠かせないものです。

サーバーはレンタルサーバー業者から借りることができます。利用料もそれほど高くありません。
僕も利用しているロリポップ!のレンタルサーバーは月額250円から利用できます。

ここまでドメインとサーバーについての簡単な説明をしてきました。
WordPressの利用を考えている方はとりあえず、ドメインとレンタルサーバーが必要だと覚えていただけば問題ありません。

ドメインとレンタルサーバーをコスパで選ぶなら?

WordPressを利用する上でできるだけ出費は抑えたいところだと思います。
学生の方であればその思いがなおさら強いはずです。

そこでここからは当サイトでも利用しているコスパ最強のドメインとレンタルサーバーをご紹介していきます。
それではまずドメインから。

ドメイン:お名前.com


【画像出典】お名前.com 公式サイト

お名前.comは登録者数1600万人の実績がある大手ドメイン業者です

運営はインターネット関連事業を幅広く展開する大手企業「GMOインターネット」が行っており、手厚いサポートの下で安心して利用できます。

また、登録料金1円で利用できるドメインもあり、コストもかなり抑えられるという魅力もあります。

2年目からは更新料金として1000〜3000円程度支払う必要がありますが、2年間も続けていれば報酬も入ってくると思いますので多少の出費は気にしなくていいと思います。

レンタルサーバー:ロリポップ!


【画像出典】ロリポップ! 公式サイト

次はレンタルサーバーの紹介です。
当サイトではロリポップ!というレンタルサーバーを利用しています。

名前は変わっていますが、料金&サービス共に素晴らしいレンタルサーバーです。

初期費用は1500円かかりますが、ライトプランは月額250円から使えるレンタルサーバーで、業界トップクラスの安さとなっています。

また、手厚いサポートも魅力の1つです。
24時間受付の『お問い合わせフォーム』やリアルタイムにオペレーターとやりとりができる『チャットサポート』が利用できます。
スタンダードプラン(500円/月)で契約した場合、電話サポートも受けられることになっています。

まとめ

今回は当サイトでも利用しているコスパ最強のドメイン&レンタルサーバーをご紹介してきました。

私自身、納得のいくデザインのサイトを作成するにはWordPressが1番だと考えています。
無料のブログサービスも年々進化していますが、自由度の高さでいったらやはりWordPressに及びません

しかしWordPressを利用する上で多少の初期投資は避けて通れません。
毎月数百円を「惜しい」と感じるか、「数ヶ月後にはもとを取ってやる」と考えるかは利用者次第です。

WordPressを利用しよう!と思い立ったら、今回紹介した内容を参考にしてください。