ゲーム

ゲームブログでのゲーム画像の利用・収益化は著作権侵害に当たる?ゲームブログの著作権問題を徹底解説【ゲームブログは違法?】

こんにちは。当ブログ管理人のやすです。

今回は『ゲームブログでのゲーム画像の利用・収益化は著作権侵害に当たる?ゲームブログの著作権問題を徹底解説【ゲームブログは違法?】』というテーマの記事になっています。

ちなみに当ブログの管理人はこのブログとは別にヤスブログ(「ヤスブログ ゲーム」と検索すれば出ます)というゲームブログを運営していて、ヤスブログは最高で月間35万PVを記録したこともあります

また、ゲームブログにおける著作権問題もしっかり調べていますのでゲームブログにおける著作権問題についても詳しい方だと思います。

そこで今回は僕のゲームブログの運営経験やこれまで調べてきたゲームブログに関する著作権の情報をもとにゲームブログでゲームの画像を使ったり、プレー動画をアップしてもいいのかということを解説していきます。

それでは早速、ゲームブログの著作権問題を見ていきましょう。

結論:ゲームブログでのゲーム画像の利用・収益化は著作権的にグレーゾーン

結論から言ってしまうとゲームブログでゲームの動画や画像、データを利用してブログを収益化するのは著作権的にグレーゾーンになります。

ゲームブログでの著作物(ゲーム)の利用やゲームブログの収益化についてゲーム制作会社のガイドラインを以下で紹介しますが、著作物(ゲーム)の利用や収益化について曖昧な表現を示しているゲーム制作会社が多いです。

ゲームもYouTubeでのゲーム実況やゲームブログで盛り上がっている部分もあるため、ゲーム制作会社も黙認しているといったところでしょう。

それではゲームブログでの著作物(ゲーム)の利用やゲームブログの収益化について各ゲーム制作会社のガイドラインを見ていきましょう。

以下で紹介する各ゲーム制作会社のガイドラインは記事執筆時点(2020年11月)での情報です。
各ゲーム制作会社の著作権ガイドラインは今後改定される可能性があり、まだ明記されていないゲーム制作会社では新たな著作権ガイドラインを発表するかもしれません。
あくまでも2020年の情報ですのでその点はご了承ください。

任天堂:著作権について

「個人であるお客様が、任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。」

【出典】任天堂|ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

任天堂が定める著作権のガイドラインは上記の通りです。

任天堂の「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」に従えばゲームブログでの収益化は可能となります

任天堂のゲームを使ってYouTubeでゲーム実況を始めたいという方や任天堂のゲームに関するブログ記事を書いて収益化したいという方はガイドラインをチェックしてみてください。


KONAMI:著作権について

質問
著作物の利用について教えてください

回答
著作物の利用について、原則として個人のお客様へは許諾をさせていただいておりません。
同様のご相談をいただくケースが多く、個別に対応させていただくことが困難な状況であるとの理由からです。
なお、プラットフォームのプレーシェア機能をご利用の上、動画をYoutube等にアップロードしていただくことについては問題ございませんが、アップロードした動画を収益化することについてはご遠慮くださいますようお願いいたします。

【出典】KONAMI|よくある質問

KONAMIが定める著作権のガイドラインは上記の通りです。

KONAMIでは著作物(ゲーム)の利用について「収益化はご遠慮ください」ということを示していて、ゲームを使っての収益化は許可が下りていません

とは言え、KONAMIの人気ゲーム(ウイイレ、プロスピ)の実況で有名なヒカックゲームズさんやV.I.Pさんなんかは登録者数が数十万人いて動画内では広告もばっちりついていて収益化されています。

それに僕もこのブログとは別にヤスブログというゲームブログを運営していますが、そちらのゲームブログではウイイレアプリの画像やデータを用いて記事を作成しています。

著作物(ゲーム)を利用しての収益化を禁止しているのであれば著作物を利用して収益化している人たちにKONAMIがなんらかの措置を取るはずです。

しかし、記事執筆時点(2020年)ではゲームブロガーやゲーム実況YouTuberに対して何のお咎めもありません。

では何故著作物(ゲーム)を用いて収益化している人に対してお咎めがないのか?

これに関して、KONAMIの著作物(ゲーム)の利用についての回答をよく見ると収益化について「ご遠慮してください」とは書いていますが完全には禁止していないのです

ゲームもYouTubeやゲームブログによって盛り上がっている部分があるため、KONAMIも著作物(ゲーム)の利用を黙認している部分もあるようです

ただ、今後はっきりと「著作物(ゲーム)を利用しての収益化は禁止します」ということ示す可能性もあります。

しかし、現状のKONAMIは著作物(ゲーム)の利用について「禁止」でもなければ「許可」もしていない微妙なラインを定めている感じです。

CAPCOM:著作権について

Q ゲームの画像やプレイ動画(実況含む)を動画サイトやSNS・個人サイト等に掲載したり、ライブ配信を行っても良いですか?

A カプコンが著作権を有する権利物に関しては、発売年や手段に関わらず、以下の【掲載・配信が可能なもの】に該当する場合を除き、掲載や配信の許可は行っておりません。
権利者に無断で権利物の掲載や配信をおこなわれた場合、処罰の対象となる可能性がございますので、ご注意ください。
以下のいずれかに該当する場合は、カプコンの許可を得ることなく掲載・配信が可能です。
なお、【掲載・配信が可能なもの】に該当する場合・しない場合ともに、個別の許諾はできません。

【掲載・配信が可能なもの】
・一部タイトルの公式サイトで配布しているアイコンなどの素材
・ゲームソフトやゲーム機本体の機能を使用して、撮影・アップロードしたもの
・法律で認められている場合

【出典】CAPCOM|よくある質問

CAPCOMが定める著作権のガイドラインは上記の通りです。

ゲーム機本体単体での録画・編集・アップロードまでが可能となっています。

収益化について明記されている部分はありませんでした


フロム・ソフトウェア:著作権について

Q フロム・ソフトウェアのゲームタイトルのプレイ動画や画面写真を、動画サイトやSNSで公開してもいいですか?

A 個人で楽しむ以外の目的で、ゲーム中に使用されている画像・動画を収録して公開することは、著作権等の関係上お断りさせていただいておりますが、本体のシェア機能などがあるゲーム機においては、その機能の範囲内でご利用いただけます。しかしながら、営利目的での静止画・動画などの利用(レストランやお店での上映や、入場者から入場料を受け取るイベント、インターネットでの配信など)は、固くお断りいたしております。

※非営利目的の場合においてのみ許諾されるものですが、投稿されたプラットフォームにおける標準的な広告収益モデル(例:YouTube:バンパー広告、オーバーレイ広告、ディスプレイ広告など)を禁じるものではありません。

フロム・ソフトウェアが定める著作権のガイドラインは上記の通りです。

フロム・ソフトウェアではYouTubeでのゲーム実況と収益化を許可しています

ただし、ゲームブログにおける「投稿されたプラットフォームにおける標準的な広告収益モデル」が明記されていませんでしたので、ゲームブログの収益化は何とも言えません

SEGA:著作権について

公式サイトで著作権について明記されているページはありませんでした。

ですが、各ゲームで著作権について説明されていたので、SEGAの人気ゲームである「龍が如く」の著作権について以下のまとめておきます。

Q【PS4/龍が如く7 光と闇の行方】プレイ動画やゲーム画面写真を、動画サイト/SNS等で公開したい

A「シェア機能」対応
プレイ中にSHAREボタンを押すと、スクリーンショットやゲームプレイをシェアできます。
詳細については、PlayStation 4のユーザーズガイド(http://manuals.playstation.net/document/)等をご覧ください。

シェア機能に対応していない場面についての配信やご利用はご遠慮ください。

【出典】SEGA|Q&Aサイト

SEGAの人気ゲーム「龍が如く」が定める著作権のガイドラインは上記の通りです。

SEGAの人気ゲーム「龍が如く」ではPlayStation 4のシェア機能に対応している場面のみ配信が許可されているようです。

シェア機能が許可されている部分の画像についてはゲームブログでも利用できます。

ただし、収益化については明記されていませんでした


ゲーム業界は将来性あり!ただしゲームブログは著作権問題は付きまとう

ここまでは日本の主要なゲーム制作会社の著作権についてまとめてみました。

ゲームブログでのゲーム画像・動画の利用は著作権の関係でぶっちゃけ面倒です。

ゲーム制作会社の著作権のガイドラインに従って利用すれば問題ありませんが、明確な著作権のガイドラインを発表していないゲーム制作会社もあります。

明確な著作権のガイドラインを発表していないゲーム制作会社は著作物の利用について今後どういった動きを取ってくるか分からず著作物(ゲーム)を利用しての収益化を禁止する可能性も十分考えられます

そのため長い間YouTubeでゲーム実況を続けてきた人もゲームブログの運営を続けてきた人も収益ゼロになってしまうリスクは付きまとっているわけです。

その点はゲームブログのデメリットとなるでしょう。

とは言え、ゲーム業界自体は今後盛り上がっていく可能性が高いです。

このようにゲーム業界は近年、世界の有名企業が参入している注目の業界となっています

有名企業が莫大な資金を投資して自社のゲームを開発したりゲーム会社を買収したりしていて、これからゲーム業界全体が盛り上がっていく気がしています。

そんな中でゲームをしながらお小遣い稼ぎをしたいなら収益化OKなゲームや収益化が禁止されていないゲームでゲーム実況をしたりゲームブログでゲーム記事を書くしか方法はありません

はじめにも紹介した通りグレーゾーンで収益化を許可しているゲームもあり、収益化を許可も禁止もしていないゲームがほとんどです。

ゲームブログを始める場合著作権問題が付きまといますが、ゲームブログは好きなゲームをやりながらお小遣い稼ぎができる魅力的なネットビジネスです。

ただし、将来的にはどうなるかは分かりませんので、その点は頭に入れたうえでゲームブログを始めてみてください。

結論→ゲームブログは稼げない!でもゲーム好きブログ初心者にはおすすめ【将来性あり】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は『結論→ゲームブログは稼げない!でもゲーム好きブログ初心者はやっておけ【将来性あり】...



【まとめ】ゲームブログの収益化はグレーゾーン!著作権ガイドラインを守ってゲームブログを運営しよう

今回は『ゲームブログのゲーム画像の利用・収益化は著作権侵害に当たる?ゲームブログの著作権問題を徹底解説【ゲームブログは違法?】』というテーマで解説しましたがいかがでしたか。

ゲームブログでのゲーム画像の利用・収益化は現状はグレーゾーンといったところです。

収益化を許可しているゲーム制作会社もありますが、著作権ガイドラインを明記していないゲーム制作会社がほとんどです。

今後著作権ガイドラインを発表するゲーム制作会社も出てくると思いますが、現在のところはゲームブログでのゲーム画像利用や収益化は「暗黙の了解」といったところです。

ゲーム業界は将来性もあり非常に楽しみな業界ですが、ゲームブログを始める際には著作権問題は付きまとうということは覚えておきましょう。

今回は『ゲームブログのゲーム画像の利用・収益化は著作権侵害に当たる?ゲームブログの著作権問題を徹底解説【ゲームブログは違法?】』を最後まで読んでいただきありがとうございました。

ゲームブログの作り方・始め方ガイド!初心者向けに簡単解説【月間35万PVブロガーが伝授】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回はゲームブログの作り方・始め方ガイドということで、ブログ初心者向けにゲームブログの始め...
ゲームブログって儲かるの?収益源や将来性を徹底解説【ゲームブログ1年目の成果報告】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回はこのブログとは別に僕が運営しているヤスブログ(「ヤスブログ ゲーム」で検索すれば出ま...
好きなゲームを活かして副業で稼ぐ方法おすすめ5選【ゲームで稼ぐ】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は好きなゲームに関する情報・スキルを活かして副業で稼ぐ方法を紹介していきます。 ...