雑記

食糧危機はいつ来るか分からない!長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食

こんにちは。当ブログ管理人のやすです。

今回は『食糧危機はいつ来るか分からない!長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食』というテーマの記事になっています。

食糧備蓄が必要な理由と備蓄できる長期保存可能なおすすめの食料品・保存食・非常食を解説していきますので、食糧危機に備えておきたいという方はぜひチェックしてみてください。

食糧危機はすでに起きている?食糧備蓄をしておくべき理由

今の時代、食糧危機なんて起きるの?と思っている方もいるでしょうが、世界に目を向けて見ると実際に食糧危機が懸念されている国もあります

例えば中国では洪水やバッタの大量発生などにより農作物に大きな被害が及んでいます。

このような状況の中国では食糧危機が懸念されております。

急成長を遂げた中国でさえ、自然災害による食糧不足に悩まされているわけです。

また、アフリカ東部や南アジアではサバクトビバッタが大量発生しており、農作物に被害をもたらしています。

アフリカや南アジアの発展途上国は貧しい人々が多いのですが、この度バッタによる被害で農作物の収穫量が減少しているようです。

食糧危機によって貧しい国はさらに貧しくなっています。

また、最近ではアメリカのカリフォルニア州で山火事が拡大しており、多くの木々が焼失しているようです。

このように各国で自然災害が多発しており、コロナウイルスどころの騒ぎではなくなっております。

自然災害が発生すると農地も大きな被害を受けますので作物の収穫量も減少します。

自国の作物の収穫量が減少すれば他国から食料を輸入するしかなくなるので食料品の輸入を増やします。

それが一国であれば大きな問題には発展しませんが、現在世界中で自然災害が多発していますので様々な国が食糧不足に陥るということも十分あり得る話でしょう

世界各国が食糧不足に陥れば食糧危機になります。

ですので日本に住む我々も他人ごとでは済まされません。

様々な国が食糧不足に陥れば各国は自国ファーストで輸出を制限します。

日本は食料自給率30%後半で推移している国ですので、食糧危機になればおそらく大変なことになるでしょう。

深刻にとらえすぎかもしれませんが、世界に目を向けると食糧危機に発展しないとも言い切れません。

食糧危機に備える!長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食

それではここから長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食を紹介していきます。

僕がおすすめする長期保存可能な備蓄のための食料品・保存食・非常食は以下の通りです。

長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品

・パスタ(賞味期限:約3年)

・アルファ米(賞味期限:約5年)

・パンの缶詰(賞味期限:約5年)

・ビスコ保存缶(賞味期限:約5年)

・保存水(賞味期限:約5年)

以下では僕がおすすめする長期保存可能な備蓄のための食料品・保存食・非常食を1つずつ解説していきます。

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食①:パスタ(賞味期限:約3年)

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食①はパスタです。

パスタは賞味期限が3年あり、比較的長持ちする食品です。

保存しておけば食べたい時にいつでも食べれるので、その点もパスタのおすすめポイントです。

そしてめちゃくちゃ安いです。

Amazonや楽天といったネットショップではネットショップ5kgで約1,500円くらいで販売されています(2020年9月中旬)。

実は当ブログの管理人は先日、下記のリンクのパスタを10kgほど購入しました。

多すぎたかなと思いましたがいつでも食べれるので、食べたい時にでも食べようと思います。

楽天市場でも同じように5kgのパスタが販売されていますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食②:アルファ米(賞味期限:約5年)

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食②はアルファ米です。

アルファ米とは炊き上げてから乾燥させたお米のことを指します。

アルファ米はお湯か水を灌ぐことでご飯として食べられるようです。

賞味期限は5年と非常に長いので、備蓄用の食料品としておすすめです。

ちなみに当ブログの管理人は先日Amazonの方で備蓄用に尾西食品のアルファ米を購入しております。

こちらもまだ食したことはありませんが、保存食・非常食用に備蓄しておこうと思います。

楽天市場でも同じような商品が販売されているので興味がある方は是非チェックしてみてください。

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食③:パンの缶詰(賞味期限:約5年)

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食③はパンの缶詰です。

もしも食糧危機が起こってしまった場合、パン用小麦を海外から輸入に頼っている日本ではパンの価格が高騰するでしょう。

日本においてはパンがなかなか食べられなくなってしまう可能性もあるので、長期保存可能なパンの缶詰なんかも買っておくといいかもしれません。

缶詰めのパンであれば賞味期限が5年あるので備蓄用におすすめです。

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食④:ビスコ保存缶(賞味期限:約5年)

備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食④はビスコ保存缶です。

ビスコは賞味期限が5年もつ長期保存に向いたおすすめのお菓子です。

食糧危機が起こってしまった場合、ビスコのようなお菓子は気軽に買えなくなると思います。

比較的安いので買えるときにに備蓄用として購入しておくことをおすすめします。

備蓄のためのおすすめ飲料水⑤:保存水

備蓄のためのおすすめ飲料水④は保存水です。

保存水なので飲料水となります。

保存水とは賞味期限が5年もある長期保存に向いたお水です。

食糧危機が発生した場合、飲料水はそれほど影響を受けないと思いますが、災害用や防災用として長持ちする水を持っていて損はないかと思います。

それに今後、雨が全く降らず水不足になるということも考えられるので、備蓄用に保存水も購入しておくことをおすすめします。

【まとめ】食糧危機はすでに起きている!深刻化する前に備蓄用食料品の確保をおすすめ

今回は『食糧危機はいつ来るか分からない!長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食』というテーマで解説しましたがいかがでしたか。

日本に住んでいる我々からすれば食糧危機など全く想像つかないと思いますが、世界に目を向けると自然災害によって作物の収穫量が減っている国も見られます。

今は問題ないように見えますが、コロナウイルス流行後のマスク不足のように食料品が減って需要が高まれば食料の値段は高騰します。

それがどういった規模で起きるかは全く分かりませんが、そういったリスクはあるわけです。

なので今回紹介したおすすめ食料・保存食・非常食をいくつか買っておき、いざという時のリスクたのめ備蓄しておくことをおすすめします。

今回は『食糧危機はいつ来るか分からない!長期保存可能な備蓄のためのおすすめ食料品・保存食・非常食』を最後まで読んでいただきありがとうございました。

【月3万円稼げる】在宅でできる!おすすめの人気副業4選【安全・安心】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は在宅できるおすすめの人気副業まとめということで、僕がおすすめする4つの副業を紹介して...