学生

1人暮らし男子大学生の食費や節約方法を1人暮らし経験がある現役大学生が徹底解説

こんにちは。当ブログ管理人のやすです。

今回は『1人暮らし男子大学生の食費はいくら?1人暮らし経験がある現役大学生が徹底解説』というテーマの記事になります。

ちなみに当ブログの管理人は記事執筆時点で大学に通う現役男子大学生で1人暮らしをした経験が2年間ほどあります

現在は実家暮らしですが大学生活の約半分の期間は1人暮らしを経験しているため1人暮らし男子大学生の食費がどれくらいかかるかについてはそれなりに詳しい方だと自負しております

そこで今回は大学生活で1人暮らしを経験した僕が1人暮らし男子大学生の食費がいくらかかるのかということを詳しく解説しています。

それでは早速、1人暮らし男子大学生(僕)の食費を見ていきましょう。

1人暮らし男子大学生の食費はひと月3万円前後

結論から言いますと僕が1人暮らしをしていた頃の1ヵ月の食費は月3万円前後でした。

食費が3万円以上かかった月もありましたし、3万円もかからない月もあったという感じです。

ただ、1日平均1000円くらいは食費に費やしていたと思います。

ちなみに食費は親からの仕送りで賄っていました。

毎月3万円ほど食費の仕送りをもらっていて足りない分の食費は奨学金などで補填しています。

では具体的にどのような食生活を送っていたのかということについて以下では解説しています。

1人暮らし男子大学生の食生活

以下には僕が1人暮らしをしていた頃の食生活を簡単にまとめてみました。↓

1人暮らし男子大学生(僕)の食生活

朝食:なし or パン(前日の残り物)

昼食:学食・休日は弁当または自炊

夕食:弁当または外食(牛丼)・休日は自炊

おやつ:ポテトチップス、チョコレート、スイーツ、あめ、ガムなど

僕が1人暮らしをしていた頃はこんな感じの食生活を送っていました。

思い返してみると健康に悪い食生活を送っていたなと思います。

ただ1人暮らしって本当に大変で食事に気を使う暇がないです。

洗濯や掃除、ゴミ捨てや食器洗いなどやることがたくさんあり、どこかで手を抜かないとやってられません。

それに1人暮らしをしていた頃の僕は毎日時間ギリギリで行動していたので、毎朝余裕をもって食事をしたり毎日自炊することができていなかったです

文系大学生(1年生)の1日のリアルなスケジュールを紹介しますこんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は『文系大学生(1年生)の1日のリアルなスケジュールを紹介します』というテーマの記事に...

大学の授業はもちろん授業の課題をやる必要もありましたし、毎日ブログを書くという義務を自分自身に課していたため食事どころではなかったんですよね。

やることがいろいろあったので食事はいつもパンや弁当などすぐに食べられるようなものばかりを買って食べていました


1人暮らし大学生の食費節約術

続いて1人暮らし大学生の食費節約術を解説していきます。

僕が1人暮らしをしてみて感じた1人暮らし大学生に最適な食費節約術は以下の通りです。

1人暮らし大学生の食費節約術

・自炊する(安い食材で)

・無駄遣いしない

・外食・飲み会を控える

【最終手段】仕送りを増やしてもらう or アルバイトなどで食費を稼ぐ

僕が考える1人暮らし大学生に最適な食費節約術はざっとこんな感じです

以下では僕が考える1人暮らし大学生に最適な食費節約術を1つずつ解説していきます。

1人暮らし大学生の食費節約術①:自炊する

1人暮らし大学生の食費節約術①は「自炊する」です。

1人暮らし大学生が食費を節約するのに一番手っ取り早い方法が自炊です。

1食にかかる金額を毎日数百円ずつ減らせば1か月で数千円~1万円くらいは節約できます

僕は自炊する気になれなかったり料理に時間かける気になれず休日しか自炊することはありませんでしたが、毎日自炊する時間がある大学生は自炊した方が良いでしょう。

ただし、自炊する際は食材はなるべく安いものを購入した方が良いです。

食材にかかる値段が高ければ1食分のお金も高くなります。

自炊したからといって節約できるわけではありませんのでその点は頭に入れておきましょう。


1人暮らし大学生の食費節約術②:無駄遣いしない

1人暮らし大学生の食費節約術②は「無駄遣いしない」です。

無駄遣いとは具体的におかしを買ったり、ジュースを買ったり、お高い食べ物を買ったりすることです。

僕が1人暮らしをしていた頃は我慢せずおかしやジュース、スイーツなどたくさん買っていました。

計算したことがないので詳しいことは分かりませんが、僕が1人暮らしをしていた頃は毎月5,000円以上は食費を無駄遣いしていたと思います。

無駄遣いを意識的に減らすこと食費を毎月数千円節約できます

1人暮らし大学生の食費節約術③:外食・飲み会を控える

1人暮らし大学生の食費節約術③は「外食・飲み会を控える」です。

大学で部活やサークルに入ったり、大学で友達ができたりすると外食したり、飲み会に参加することが増えます。

外食や飲み会に参加する場合1回で大体1,000円くらいはかかるので、外食や飲み会に何度も行くことで結構大きい金額が飛んでいきます

僕は大学1年生の頃から外食や飲み会の誘いを断っていたため交際費についてはかなり節約できていました。

ただし、外食や飲み会の誘いを断るといずれ誘われなくなり大学の友達がいなくなります

僕自身友達の誘いを断り続けて周りから友達がいなくなっていきました。

なので大学でぼっちになりたくないという大学生は友達の誘いは断らないほうがいいかもしれませんね。

大学でぼっちになるメリット・デメリット【現役Fランぼっち大学生が解説】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は『【ぼっちは楽しい】大学でぼっちになるメリット・デメリット【現役Fラン大学生が解説】...

【最終手段】仕送りを増やしてもらう or アルバイトなどで食費を稼ぐ

1人暮らし大学生の食費節約術の最終手段は「仕送りを増やしてもらう or アルバイトなどで食費を稼ぐ」です。

1つ目に親からの仕送りを増やしてもらうという手があります。

「食費が足りない」と相談すれば親が仕送りを増やしてくれるかもしれませんので、1人暮らし大学生の方で食費が足りない場合は一応聞いてみるといいでしょう。

また、アルバイトをしたり副業をやって食費を稼ぐという手もあります

正直なところ大学生はアルバイトよりも将来活かせるスキルが学べる副業をやった方が良いのですが、食費が足りないなら話は変わってきます。

大学生がバイトをしないほうがいい理由と大学生のうちにやるべきことこんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は「大学生がバイトをしないほうがいい理由と大学生のうちにやるべきこと」というテーマの記...

食費が足りず健康的な食生活を続けていたら命に関わる問題にもつながるため、食費がない1人暮らし大学生はアルバイトを始めた方が良いです


【まとめ】1人暮らし大学生の食費は月3万円くらいでOK!節約も可能

今回は『1人暮らし男子大学生の食費や節約方法を1人暮らし経験がある現役大学生が徹底解説』というテーマで解説しました。

1人暮らしってかなり大変で高校生まで家事をあまり経験してこなかった僕からすると毎日地獄のような日々でした。

とは言え、部活をやらなかったりアルバイトをやらなかったりして使える時間がたっぷりあればある程度気楽な1人暮らし生活が送れると思います

大学生活を楽しむには時間の使い方が重要ですので、これから1人暮らし生活を送る大学生は時間の使い方をよく考えるようおすすめします

最後に今回紹介した内容をもう一度おさらいして終わりにします。

・1人暮らし男子大学生の食費は月3万円くらいで足りる

・大学生の1人暮らしは大変で自炊どころじゃない → 時間の使い方を考えましょう

・1人暮らし大学生の食費節約術は以下の通り↓
自炊する(安い食材で)
無駄遣いしない
外食・飲み会を控える
仕送りを増やしてもらう or アルバイトなどで食費を稼ぐ

今回は『1人暮らし男子大学生の食費や節約方法を1人暮らし経験がある現役大学生が徹底解説』を最後まで読んでいただきありがとうございました。

大学生の1人暮らしで必要なものを1人暮らし経験ありの現役大学生が徹底解説こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は『大学生の1人暮らしで必要なものを1人暮らし経験ありの現役大学生が徹底解説』というテ...
卒業後に後悔しないため大学生がやるべきこと4選【日本の未来から逆算】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は卒業後に後悔しないため大学生がやるべきこと4選というテーマで解説していきます。 ...