学生

大学生はFXをやるな!!自分の価値を上げよう【実体験あり】

少子高齢化や人口減少、年金制度の崩壊など、現在日本は様々な社会問題を抱えております。

この状況をヤバいと感じている大学生は今から何かを始めておかなければと考えている方が多いと思います。

そこで学業の傍ら副業を始める大学生も少なくないでしょう。

副業にもブログやYouTubeなどいろいろありますが、今回はFXについての記事です。

大学生が副業として始めるFXについて僕の実体験をもとにいろいろ書いていきたいと思います。

FXは大学生に向いた副業ではない

結論から言いますと大学生はFXをやらない方が良いです。

理由はFXがギャンブルに近いからです。

僕は大学1年生の頃にFXをやって数ヵ月で約30万円ほど失った経験があります(XMという海外のFX会社で取引開始)。

そこで思ったことはFXはギャンブル、もっと違うことに時間をかけた方が効率が良いということです。

ただお前がFX下手くそなだけ!と言われればそうなのかもしれませんが、資金が減るリスクがあるというのは事実です。

そのため僕はFXよりももっと他のことに時間を費やすべきだと考えます。

あくまでも僕の意見ですので参考程度に読んでもらえればと思います。

以下ではFXの仕組みやデメリットを解説していきます。

レバレッジ(てこの作用)

副業としてFXを始める一番大きなメリットは少ない元手で大金を稼げる可能性があるということです。

少ない資金でも稼げる理由は「レバレッジ」という仕組みにあります。

レバレッジはFX会社に預け入れた資金の数倍~数十倍の金額で為替取引が可能になる仕組みです。

言葉の説明だけではあまり分からないという方も多いと思いますので簡単に説明しますね。↓

レバレッジなし(10万円の資金)

①ドル円が1ドル=110円のときに10万円分の買い注文を入れる(100,000 ÷ 110 = 909)

②ドル円が1ドル=111円に上昇(909 × 111 = 100,909)

③909円の儲け(100,909 − 100,000 = 909)

レバレッジあり×25(10万円の資金)

①ドル円が1ドル=110円のときに10万円分の資金に25倍のレバレッジをかけての買い注文を入れる(2,500,000 ÷ 110 = 22,727)

②ドル円が1ドル=111円に上昇(22,727 × 111 = 2,522,727)

③22,727円の儲け(2,522,727 – 2,500,000 = 22,727)

まあ、こんな感じで資金10万円でもレバレッジをかけて取引するのとかけないで取引するのでは儲かる金額が大きく変わってくるわけです。

これがレバレッジのすごいところです。

ただし、上記のような状況でドル円が1円下がってしまったらその分大きく損します。

レバレッジなしであれば損額は909円ですが、レバレッジをかけている場合は22,727円の損をするわけです。

少ない資金で大金を稼ぐにはレバレッジは欠かせない要素ですが、レバレッジをかけて大きい金額で取引すればその分損する金額も増えます。

この点がレバレッジの怖いところで、FXで安定して勝ち続けない限りすぐに資金が底をつきます。


メンタルコントロールの難しさ

当ブログの管理人は大学1年生の頃からFXをやり始めてわずか数ヵ月で30万円ほど損した経験があります。

そのときに感じたことはメンタルコントロールが非常に難しいということです。

FX初心者はみんなそうだと思いますが、僕がFXをやっていた頃は数万円損してしまったらこの損を早く、そして少しでも多く取り返したいという気持ちになりました。

それでドル円で買いで入ったけど、どんどん下がっていったときになかなか損切りできないとか、利確が早すぎてしまったりするわけです。

特に大学生なんて社会人と比べて資金力がないわけですから、FXで損してしまったら損したお金を取り戻そうとする気持ちが余計強くなると思います。

こうして感情的になってFXでトレードをし続ければ資金が減る一方です。

FXで毎日勝ち続けるのは不可能で、利益を出し続けるには損切は早く利益は大きくしなければなりません。

でもそれが難しいんですね。

普通の人は目先の利益は早く欲しがり、損をしたくないという気持ちが強いのでFXで安定して勝ち続けるのは難しいのです。

自分なら大丈夫!と思っている方も多いと思いますが、FXはそんなに甘い世界ではありません。

僕は大学在学時の貴重な時間をFXだけに費やすのはもったいないと思います。

めちゃくちゃ自信がある方はFXをやってみてもいいかもしれませんが、大学生ならもっと有意義な時間の使い方をすべきでしょう。


自分の価値を上げることが大切だと思う

ここまで大学生が始める副業にFXは不向きだということを解説しました。

それでは大学生はFX以外に何をすればいいのか?ということになりますよね。

これについて僕は「自分の価値を上げる」ことが重要だと考えています。

自分の価値を上げるというのは何か技術を身に着けたり、自分の好きなこと詳しいことについて発信してファンを獲得したりといろいろありますね。

僕の場合、現在少しずつプログラミング学習を始めていて、サッカーやゲームに関する情報をブログやYouTubeで発信したりしています。

自分ができること、やりたいことで構いません。

技術の習得、ファンの獲得など0から1を生み出す活動は非常に難しく時間がかかりますが、大学生は時間を持て余している方も多いでしょうからいろいろなことに没頭できるでしょう。

大学在学中に何か1つ頑張れば、大学を卒業するころに自分の武器になっているはずです。

なにか武器があれば就活にも有利になりますし、副業でも十分稼いでいけると思います。

そういった点で、大学生はFXを始めるよりもノーリスクでできる自分の価値を上げる活動を始めた方が良いと考えいます。


まとめ

今回は大学生はFXをやるべきではないということと大学生は自分の価値を上げる活動を始めるべきということを解説してきました。

そもそもFXにはレバレッジという仕組みがあり、レバレッジのおかげで少ない資金で大金を稼ぐことが可能になります。

ただし、レバレッジをかけて取引すると損する金額も倍になるので、安定して稼ぐのは簡単なことではありません。

また、メンタルコントロールも難しく、特に大学生は社会人と比べて資金力も劣るため損したくないという気持ちが強くなると思います。

そして、やがて感情的になって無駄なトレードをし始めて資金がどんどん減っていくわけです。

そんなことのためにお金と時間を費やすよりも、僕は自分の価値を上げていくことに時間を費やすべきだと考えます。

例えばブログやYouTubeなどで発信したり、プログラミングを覚えたり、ドローン操縦士になったりといろいろな選択肢があります。

まずは自分のやりたいことや自分でもできそうなことから始めていくことが大切です。

何か新しいことを始めるとなると途中で面倒くさくなって辞めちゃう方もいると思いますが、結果が出るまで続けることが重要です。

思いついたら行動に移して、結果が出るまで継続!これを意識して残りの大学生活を過ごしてください。