学生

友達がいない大学生はラッキー!現役ぼっち大学生が「友達はいらない」と考える理由

こんにちは。当ブログ管理人のやすです。

今回は『友達がいない大学生はラッキー!現役ぼっち大学生が「友達はいらない」と考える理由』というテーマの記事になっています。

ちなみに当ブログの管理人は大学に信頼できる友達がいない、いわばぼっち大学生で大学ではいつも一人で行動しています。

今回はそんな現役ぼっち大学生が「友達はいらない」と考える理由について詳しく解説していきます

大学でなかなか友達ができないという大学生や友達との付き合いに疲れたという大学生は是非チェックしてみてください。

大学で友達いらないと考える3つの理由

まずはじめに僕はみなさんが現在またはこれから通う大学で友達を作る必要はないと考えています。

そう考える理由は僕のようなぼっち大学生を正当化するためではありません。

僕は以下の3つの理由により、大学での友達はいらないと考えています。

友達はいらないと考える理由

・自由時間が増える

・スキルアップのための時間が確保できる

・人づきあいが減りストレスが減る

以上が僕が大学で友達はいらないと考える理由です。

ちなみに上記の大学で友達はいらないと考える理由はあくまでも僕が思うメリットであって、人によっては意味が分からないという大学生もいると思います。

性格や物事の考え方は人それぞれですので参考程度に読んでもらえるとありがたいです。

それでは早速、僕が大学で友達はいらないと考える理由について1つずつ詳しく解説していきます。

友達はいらないと考える理由①:自由時間が増える

僕が大学での友達はいらないと考える1つ目の理由は自由時間が増えるという点です。

大学で友達がいればその友達の気持ちも考えて行動しなければいけないわけですから、自分の自由時間が減ることにつながるでしょう

具体的に友達がいる大学生の場合、遊びや飲み会などの誘いがあると思います。

友達が多いほどそのような誘いはたくさんあり、誘いに乗れば自分だけの時間はだいぶ減りますよね。

それにそういった誘いは断りづらいですし、断ると友達の間でノリが悪いと思われてしまいやがて浮いた存在になります。

その点でインドア派の人間にとって大学での交友関係は面倒に感じてしまうことが多いです。

なので家でゲームしたい!漫画を読みたい!映画を見たい!という大学生は自分のライフスタイルに合わせてくれる友達を作るか、友達を作らないという選択肢しかありません。

自分のライフスタイルに合わせてくれる友達なんてそうそう見かりませんので、そうなると友達はいらないでしょという考え方になると思います。

友達はいらないと考える理由②:スキルアップのための時間が確保できる

僕が大学での友達はいらないと考える2つ目の理由はスキルアップのための時間が確保できるという点です。

大学生は大学卒業後に就職する方がほとんどだと思いますが、就活では他の大学生はあまり持っていないスキルや資格を持っていれば有利に働きます

例えば法学部であれば宅地建物取引士や行政書士の資格を取るとか、パソコン好きであればプログラミングを覚えるとか、選択肢はいろいろあります。

大学在学中の4年間で将来のためになる勉強をしておけば遊んでばかりの大学生と大きく差が付きます

そして友達がいない大学生は交友関係に費やす時間が少ないので、その分スキルアップのための時間が増えます。

友達と共有する時間が大切だという声も分かりますが、時間の使い方次第で自分の将来を大きく変えることになるので、僕は時間は有効的に活用すべきだと考えます

友達はいらないと考える理由③:人づきあいが減りストレスが減る

僕が大学での友達はいらないと考える3つ目の理由は人づきあいが減りストレスが減るという点です。

どんな人でも友達と関わるときは友達に気を使うでしょう。

友達の気持ちを考えながら話したり行動したりするのって非常に疲れますよね。

また、中には考え方や趣味嗜好が全く異なる友達がいたりして、その友達と付き合うのが大きなストレスになることもあります。

僕はそのような友達と大学で無理に付き合う必要はないと考えています。

考え方が合わない友達と我慢して付き合い続けてもいつかはその友達と衝突します。

僕も大学1年生の頃、授業を全く聞かず「ノート見せて」「テストの答え見せて」と言ってくる大学の友達と衝突したことがあります。

その友達は僕が大学の授業でテストの答えを見せなかったことを「協力性がない」といって他の友達を味方につけていました。

そういった大学生も世の中にはいるわけです。

人の気持ちを考えられる優しい大学生もたくさんいますが、自分の考え方、趣味嗜好に合った優しい大学生の友達を見つけるのは非常に難しいです

はっきり言って大学での友達探しは運ゲーですので、僕はそんな運ゲーは避けた方が良いと思います


友達は大学以外でも作れる

ここまでは僕が大学で友達はいらない考える理由について解説してきました。

実際に僕は大学で信頼できる友達は1人もいないぼっち大学生で、大学ではほぼ1人で行動しています。

授業はサボることもありますが、一応ほぼしっかり受けているので単位は取れています。

ですが、ぼっちですと話し相手がいなくて寂しいなと感じるときもあります

僕の大学ではブログをやっている大学生はおそらくほとんどいませんし、プログラミング学習をしている人はたまに見かけますが3年間で1人、2人しか見たことがありません。

そもそも僕が通う大学では未来志向が大学生が少ないので、話し相手が周りにいないという状況が必然的なわけです。

ただ、僕は最近Twitter(@yasu20cck)の運用を本格的に始めてから、ブログやプログラミング学習を頑張る大学生と話す機会が多くなりました。

当たり前ですが、DMなどでお話すると僕よりもブログやプログラミングに詳しい大学生がたくさんいて、そういった方々とお話しするたびに「自分も頑張らなければ」と勇気づけられます。

こういった経験から僕は大学よりもSNSなどを活用して同世代(大学生)の友達を探した方がよっぽど効率が良いと思いました

同じ大学の大学生でも考え方や趣味嗜好が自分と同じ人を見つけるのは非常に難しいです。

一方で大学や地域の範囲を広げれば考え方や趣味嗜好が同じという大学生はたくさん見つかります。

SNSは自分と話が合う大学生の友達を見つけるのにうってつけのツールです。

なので、大学で友達がいないという大学生や人付き合いに疲れたという大学生はSNSを活用して気が合う同世代の友達を見つけるといいかもしれません。


【まとめ】大学での友達探しは運ゲー!交友にかける時間より自分への投資が大切

今回は『友達がいない大学生はラッキー!現役ぼっち大学生が「友達はいらない」と考える理由』というテーマで解説しましたがいかがでしたか。

大学にはいろいろな人がいますが、その中でも自分に合った友達を見つけるのは至難の業です。

友達との付き合いも大切ですが、結局それが大きなストレスになることもあるので、友達を作ろうと無理に張り切る必要はありません。

あくまでも僕の考えですが、今大学生の方は大学での友達はいらないと割り切って交友にかける時間を減らし、自分の将来のために時間を費やした方がよっぽどいいだろうと思います。

そして自分の考え方や趣味嗜好と合う友達はSNSをうまく活用すれば見つけることができますので、もし話し相手が欲しいという大学生がいればSNSでの情報発信を行うことをおすすめします。

今回は『友達がいない大学生はラッキー!現役ぼっち大学生が「友達はいらない」と考える理由』を最後まで読んでいただきありがとうございました。

卒業後後悔しないため大学生がやるべきこと4選【日本の未来から逆算】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は卒業後に後悔しないため大学生がやるべきこと4選というテーマで解説していきます。 ...
Fラン大学生でも可能!在宅でできる大学生おすすめ副業ランキングTOP4【実体験あり】こんにちは。当ブログ管理人のやすです。 今回は在宅でもできる大学生におすすめの副業ランキングということで、大学生に向けておすすめし...